自由に書いていいですか?

30代後半おひとりさまの雑記帳

ミスタードーナツのバイトを、女の嫉妬のせいで辞めた思い出話。

私は中学生の頃からミスタードーナツ

大好きでした。

その頃はまだ今ほど店舗もなくて、

店内の雰囲気もイギリスっぽかったのかな

BGMにビートルズが流れていたんです。

 

高校に入ってバイト代を稼げるようになり、

習っていたエレクトーンの

厳しいレッスンの帰りに、

ミスタードーナツに寄って食べることが

何よりの至福の時間だったんですね。

その頃の高校生の行動としては、

ちょっと、ませていたのかもしれません。

 

もうかれこれ20年ほど前の話ですよ。

短大に入学したての頃、

高校生では雇ってもらえなかったミスド

やっとこさ

アルバイトとして雇ってもらえました。

今思えば行動力があったように思います。

 

憧れのミスタードーナツ

すぐにバイト応募をしたのですから。

 

オープニングスタッフだったので

採用人数が多く、すんなり採用されました。

 

オープンの日まで、何日も研修があります。

今はどうか知りませんが

分厚いマニュアル本なんかもあったんですよ。

『さすがやなぁ』と

感心したのを覚えています。

大学生のアルバイトがほとんどでしたので、

なんか、

なんだか楽しかったです。

その頃はまだ今みたいにセルフで取るのでなく

対面式でお客様が口頭でオーダーして、

こちら側で店員がドーナツを

トレイにのせるシステムでした。

 

 

 

〜今思えばイジメだ〜

 

その店舗には社員さんが3人いました。

男性の店長と男性の副店長、女性社員。

プレオープン、オープニングイベントには

本社の人たちも大勢応援にきていました。

 

その本社の人のうちの1人の男性が

妙に私をかわいがってくれたんですよね。

 

その後、店舗にいる女性社員からの嫌がらせが

始まるのです。

なんでもないことで怒りだしたり、

罵声を浴びせてきたり、

シフトを入れてもらえなかったり、

声をかけても無視されたり。

 

後で知ったことなのですが、

その本社の私を可愛がった男性と、

私に嫌がらせをした女性社員さんが、

お付き合いされていたのです。

 

私はまだ、ハタチにもなっておらず、

ちょっと可愛かったので(←自分で言うな)

女性社員が、嫉妬されたのでしょうね。

当時の若くてピチピチの私にとって、

本社の男性社員さんは

ただのおじさんでしたので、眼中になく、

むしろ同じバイトの大学生にほの字でしたから

てんで、迷惑な話だったんですよ。

勝手に嫉妬されて、いじめられるのだから。

 

知らんがな、興味ないわ!

 

という感じでしたよ。

 

結果、シフトになかなか入れてもらえず、

全然お金にならないので、

3ヶ月で辞めてやったのでありました!

 

あの女性社員さえいなければ、

憧れのミスドバイトは、

私の青春の1ページとなったはずです。

 

女の嫉妬は、恐ろしいですね!

 

f:id:chigulynn:20180707163603j:image

 

という苦い思い出を、

今日、はらぺこになりすぎて思わず入った

ミスタードーナツで思い出しました。

 

ミスタードーナツは、今でも好きです。

 

嫉妬といえば、このミスドバイトのあとの

ファミレスでのアルバイト先でも

1つ下の女の子に嫉妬で無視されたのを

思い出しましたが、また今度にします。