自由に書いていいですか?

30代後半おひとりさまの雑記帳

言葉は心を越えない。

ブログというツールで自分の言葉を発信することを、アメブロやツイッターも含めてもう長くやってるんですけど、いまだかつて誰かに向かってエールを送ったり励ましたりしたことがありません。

 

昨日、「まだまだ暑いですがガンバっていきましょう!」というような内容のつぶやきを見かけてふと気づいたのだけど、私はそういった内容のことを呟いたことも、綴ったこともないなぁと。自分のことばかり書いたり呟いたりしてるなぁと。たぶん自分以外の誰かを励ましたりできるような柄じゃないと自覚しているのだと思います。と同時に、「ガンバっていきましょう!」というつぶやきに対しても、「おう!がんばろうぜ」と思えないのです。私は心が腐ってんでしょうか。

 

でも、同じく昨日ふなっしーのツイッターを見てたんですけど、必ず毎日『明日もみんなが幸せに暮らせますように梨汁ブシャー』とか呟いてるんですよね。これにはなんか感動したんですよね。「わ、ふなっしーありがとう」って。私の心はどうなっているんでしょうか。

 

そういやASKAさんもいつだったか、blogに書いてあったか忘れたのですが、「自分の曲には誰かを励ましたり、元気を与えたり勇気づけたりするような曲はない」というのを思い出しました。1曲だけ、歌詞にはないところで「がんばれ〇〇~、負けるな〇〇~」と歌っている曲があるのだけど、それは個人的に歌っているので、世の中に対してエールを送っている曲ではないんですよね。なんか分かるんですよ、その思い。だから彼の曲が好きなのかもしれない。結局は、

 

言葉は心を超えない。

 

からだと思うんです。言葉で伝えることは大事で伝えないと伝わらないまま、二度と会えなくなったりして後悔することもあると思うので大切なことは伝えたほうがいいときも多いです。でも例えば誰かがとても悲しんでいるとき、言葉で励ましても力になれないことも多いじゃないですか。失恋してすごく落ち込んでいるときに「ダイジョブダイジョブ、次があるよ!」って言われても、その言葉に心を打たれたり元気が出たりすることは少ないのではないかと思います。

 

そういう考えがあって、私は「がんばっていきましょう!」という内容は発信しないのだと、今日気づきました。自分に対して「がんばります!」と書くことはあると思いますが、誰かにエールを送るようなことはこれからも言わないと思います。だからといって、そういう人を批判するつもりもその考えを否定するつもりも全くないです。。。

 

最後になりましたが、11月から始まるASKAさんのコンサートのチケット、無事に取れました。今回は遠征はせず、関西のコンサートを楽しませてもらいます。なんかソワソワしちゃいますけど、楽しみができてうれしいです。おしまい。

 

f:id:chigulynn:20180817195124j:image