自由に書いていいですか?

30代後半おひとりさまの雑記帳

ハロウィンですね。

ハロウィンですね。街も9月半ばからかぼちゃだらけになっちゃってね。

 

f:id:chigulynn:20181031191501j:image

 

盛り上がるのは大変いいことだと思いますけれど、日本のハロウィンはどんどん間違った方向にいっているようでなりませんね。そもそもハロウィンって、子供たちが魔女やお化けに仮装して、近所のおうちを訪れ「Trick or treat」と言ってお菓子をもらう日だったような気がするのですが。そもそもは秋の収穫を祝う日であって。どんちゃん騒ぎまでするような日ではないような気がいたしますが、どうでしょうか?ちょっと間違ってるんじゃないかな。カボチャもさ、型をくりぬいて持ち歩くものだったはずなんですが、いつからか『カボチャを食べよう』だなんて風習になってきて、スーパーではとにかくカボチャだらけになっていて、今日なんかラジオでは「カボチャ料理について」すごく話されていましたよ。カボチャ食べるのって、冬至じゃなかったの?

 

さてそんなハロウィンは、特にお菓子をあげる子供もいないので、普通に仕事をして普通に晩御飯を食べただけですが、さきほど友人からラインで『離婚を前提に別居している』という報告を受け、ひっくり返りそうなぐらい驚いているところです。旦那さんは10歳以上年上なんですが、とても理解のある人で、女子会でも飲み会でもイヤな顔ひとつせず、送り出してくれる理想の旦那さんだったのですが、あることをきっかけに豹変したそうで、とにかく束縛してくるようになってしまい、そういう人が大嫌いな友人は、子供3人連れて家を出て、マンションを借りて住んでいるそうです。

 

結婚とはいかに。

 

私は今は少し婚活はやっていませんが、結婚をするための活動をやってきたわけで、ことごとく失敗を重ね苦戦しているというのに、友人は2人目の旦那さんで、そこもまたダメになりそうになっている。

 

結婚生活とはなんぞや。

 

最近思うのは、世の中ってどんどん流れていて変化していっているわけで、今までみたいに『結婚して子供産んで育てて一人前』みたいな考え方だけではもう古いのだよなと感じるんです。生き方はそれぞれでいいんじゃないのかなと。それでも結婚するための活動をするのは、やはり誰かと一緒にいたほうが楽しいだろうと思うからだし、キツイときも支えあっていけるだろうと思うからなんですが、別居だの離婚だのって聞くと、結婚って一体何なんだろうと思い始めてしまいます。友人に関しては「もう旦那のことが受け付けなくなった」と言っていました。受け付けなくなってしまうものなのか。

 

かくいう私も、結婚をするための活動かたわら、転職も考えたりしていて、求人を見ていると『失恋休暇』なんぞがある会社もあったりして、今まで一筋に働いてきた私には新鮮でならなかったりして、「婚活における失敗は失恋に値するのか」とか考えたりして、また勝手な妄想が広がったりして、今週は頭の中が忙しいです。

 

でも結局は、自分を好きじゃないと人を好きになれないし大事にできないですね。

 

 

 

婚活記事はこちらへ。昨日更新しました。よかったらどうぞ。

年齢でソッコー落とされた話。 | アラフォーゆいの迷走婚活日記