自由に書いていいですか?

30代後半おひとりさまの雑記帳

初めてのタピオカ

 

今年に入ってすぐから2月ぐらいまでの歯医者の通院の帰り道、異様なほどの行列のできるお店の前を通り過ぎておりました。

 

「なんやえらい並んではるなぁ」

 

というぐらいにしか思っていなかったのですが、毎週通り過ぎるごとに行列は伸びてゆき、ついにはそのお店の裏の路地を抜け、お店の裏側にうまいことあったスペースにまで並ぶようになっていました。だいたい若い女の子ばかりで自分には関係ないと思っていましたが、そのお店はタピオカドリンクのお店であるということに、1ヶ月ぐらいしてから知りました。タピオカの入った飲みもんに、こんなに並ぶんかと驚きしかありませんでした。というぐらい、タピオカには特に興味がありませんでした。

 

がしかし、ここのところ台湾旅行に誘われたり、我らがASKAさんが台湾でコンサートをしたり(行きたかったけどお金なかった)、マツコの知らない世界でやっていたりと、なんだかんだと台湾モードに入ってきたので、意を決してタピオカミルクティーを飲みに行ってきました。

 

蒸し暑い中、外で行列に並ぶのは身の危険を感じましたので避けて、大阪駅のエキマルシェという施設の中にあるTEA18というお店に行ってきました。エキマルシェは10時から。着いたのは9時56分。開店とともにお店へ直行したのにもかかわらず、すでに30人ほど待ってらっしゃいました。いったい入り口は何個あるんだ?他のお店の迷惑にならないよう、ちょっとしたスペースに誘導されてそこで待ち、10人ずつぐらいで店員さんが迎えにきてくれました。

 

f:id:chigulynn:20190610222337j:image
f:id:chigulynn:20190610222344j:image
f:id:chigulynn:20190610222347j:image

 

いやぁもう、なんてったって初めてなんですよ、こういうタピオカミルクティーのお店。注文するのも難しいですよ。ベースのドリンク選び、茶葉の種類を選び、甘さ選び、氷いるんかいらんのかって。茶葉の種類にはふりがながふられていなかったので読まれへんし笑。前の人やその前の人やその前の人のオーダーをなんとか聞き取って、わたしの番になったのでなんとかオーダー。選ばなくていいのは、サイズだけよ。

 

 

はぁ、やれやれ。30分ほどでお目当てのタピオカミルクティーをゲット。ほほう、これがタピオカミルクティーか。よく並んだな、わたし。鉄観音というお茶に甘さは半糖、氷ありにしました。半糖とは甘さ控えめです。ストローでうまいことタピオカを吸い、モチモチした食感に舌鼓。ミルクティーも美味しいけど、これならもっと甘いほうがいいかもしれない。

f:id:chigulynn:20190610222342j:image

 

せっかくなので蓋も撮っておきました。


f:id:chigulynn:20190610222334j:image

 

ここまではよかったんですが、ミルクティーだけを飲みきってしまい、タピオカがどうしても底に残ってしまうんですよ。ここからが勝負というか腕の見せどころなのでしょう。吸うのが大変。もう水分はないのですから、ストローでタピオカを命中させて吸う、吸う、吸う。隣で飲んでいた女の子も残ってたんですけど、静かに吸って残さずに飲んでました、すごいなー。わたしは3粒ほど残して降参しましたが、あとで友人からの情報で、「掃除機のように吸うのよ」と聞きました。へぇ。

 

まだ初めてのことでしたので、ハマるとまではいかなかったですし、美味しいけど、うますぎて感動したということはなかったです。でもあと何軒か飲んでみたいなぁと思いました。行列覚悟できるときに。