自由に書いていいですか?

30代後半おひとりさまの雑記帳

ASKAさんのコンサートが決まった。

おはようございます。

 

我らがASKAさんのコンサートが決まりました。昨日からなんか気になる記事書いてはったんですよね、これだったのか、ついにこれだったのか。 これほど待ち遠しかったものがあるでしょうか。あの逮捕から4年の時を経て、この秋には【歌うASKA】がみられるではありませんか。気の短い私がよく4年も待ったなと褒めたいぐらいです、ありがとうございます。

 

しかしながら、公演数の少なさ、会場のキャパシティーの小ささから見て、チケットの争奪が予想されます。いや、誰もが今から不安でしょうよ。興味本位で見に行きたい人もいるでしょうし。

 

いやどうかここは、今までファンだった人にどうか見させてほしい。。。あぁ切に願う。

 

シンフォニックっていうと、何年前だったか(調べれば分かるのですが)も開催されたんですね。その地域の交響楽団の皆さんと共演するんです。それはそれは素晴らしい音色に包まれて、そこのあのASKAさんの時に力強く、時に優しい歌声が重なったとき、それはそれはチキンスキンですよ、あ、鳥肌ですよ。シンフォニックで感動したのって、玉置浩二さんも素晴らしかったですね、あの人の歌声はなんやろうね、もう魔法に近いですよね。ハーモニーという言葉がピッタリでしょうか。

 

正直ね、ASKAさんが逮捕されてから元気なかったですよ。特にほかにこだわった趣味があるわけでもないですから、抜け殻でしたよ。今だってね、当時のことが蘇ってくるときもありますしね、テレビのニュース速報とかビビっちゃいますよ。信じてますけどね、絶対もう薬なんてやらないでよっていつも願ってしまいます。

 

こないだKANさんもおっしゃっていましたが、「いつまで楽しんで、こういうこと(音楽)ができるか分からない」って。寂しいけど現実で。だからこそこちら側も行きたいコンサートには足を運び、一瞬一瞬を大事に目に焼き付けて、耳で感じ取っていきたいなと思います。ASKAさんは、声が出にくくなって以前の曲が歌えなくなったとき「その時歌える曲を作ればいい」って言ってましたけどね、そうやってKANさんにもASKAさんにも音楽をやりつづけていってほしいんですよね。彼らがいなくなるなんて考えられないもの。。。

 

この日が来てとにかく嬉しいです。せめて、今までずっと待っていた人、ずっとファンだった人が、ASKAさんのシンフォニックに参加できることを願うばかりです。あ、もちろん自分も。