自由に書いていいですか?

30代後半おひとりさまの雑記帳

ASKAさんのファンクラブに入会した②

ASKAさんのファンクラブは

『fellows』

っていうんです。

チャゲアスのときは

『TUG OF C&A

でした。

 

チャゲアスのファンクラブはもうなくて、

Chageさんのファンクラブとして

チャゲアスのファンクラブの会員番号を

引き継いでくれていて去年の年末までは

私も会員だったのだけど、やめました。

 

金銭面でもどっちもは入れないし、

私はChageさんのイベントやライブは

あまり楽しめなかったんですよね。

 

あと、2人ともファンクラブ作っちゃって

じゃあどうすんの、チャゲアスは。

という気持ちも無きにしも非ずです。

でもたぶん、チャゲアスとしての復活は

しばらくはなさそうですね。

そこにはきっとちゃんとした理由が

あるはずです。

物事には理由があるってASKAさんが言ってた。

 

で、届いたんですよ!

5月7日までに入会しないと間に合わない

第1号のファンクラブ会報誌。

 

f:id:chigulynn:20180527165725j:image

 

黄色のは封筒です。

サイズ感、間違えはったんかな、

もう少し小さい封筒でも入ったんちゃう?

と思いつつ、

ポストに会報が入っているこの高揚感。

非常に懐かしくて、嬉しくて、

感極まりましたよ。

 

表紙のASKAさん、

昔のアルバムもこんな写真あったなぁ。

って思ってたら

f:id:chigulynn:20180527170149j:image

 

これや!

顔の角度はちょっと違いますけど、

視線の先は、同じですよね!

何を見てはるんでしょうね!

右側のは、1991年のアルバムです。

今のASKAさんって還暦ですけど、

若いですよね。なんなの、いったい。

 

というわけで

私はASKAさんのかなりのファンですが、

なんていうかこう、

『キャーキャー言うファン』ではなくて、

どこか冷静な部分もありますし、

彼の犯した罪というのは一生消えないのも

絶対に忘れてはいけないことだし、

きっと世間からは色々な目で見られていて

批判されることのほうが多いだろうけれど

それでも彼の頑張る姿、はい上がる姿を

これからも応援していきたいし見守りたい。

またステージにたってスポットライトを浴び、

ピカピカの靴と衣装に包まれた姿を見たいし

あの素晴らしい歌声を聴くことができたら

「あー、待っててよかった」と

思えるでしょう。