自由に書いていいですか?

30代後半おひとりさまの雑記帳

義母と娘のブルースはなかなかいいドラマだと思う。

義母と娘のブルース、観てます?私は1話目から見ているのですが、どんどんいいドラマになっているように思います。特に綾瀬はるかさんの演技は最高に素晴らしいですね。無表情の顔にも少しずつ変化があって、娘のために頑張る姿は輝かしいですし、娘のために言う名台詞は、ハッとさせられるものがありませんか?

 

子どもは親が嫌われるようなことをしたら、自分も嫌われると思ってる
親は子どもが嫌われることを怖れて、言葉を飲み込み、陰口でうさを晴らす

その背中を見て育った子どもは思うでしょう
長い者には巻かれればいい
強い奴には逆らうな
本当のことは影で言うのが正しいんだ
だって大好きなおとうさんとおかあさんがそうやっていたんだから
私ごとで恐縮ですが、わたしはそんな背中を大事な一人娘に見せたくありません

 

第三話で言うと、この部分のセリフです。私は結婚もしていなければ子供もおりませんし、義母でもありませんのでこういう経験はありませんが、姪っ子も近くにおりますし、友人の子供たちの話もよく聞くので、こういう経験はさせたくないなぁと思うシーンでの発言だったので感動しました。なかなかいいドラマだと思います。

 

私が小学生の頃は、親同志のもつれに巻き込まれることはありませんでしたが、私はいじめられていた時期もありました。いじめる側にいたこともありました。いわゆるボスがいたのです。あの頃はまだスマホやネットもありませんでしたので、根っからの意地悪なボスでした。放課後に集まって遊んでいると、「〇〇ちゃん、好き?私は嫌いやねんけど」っていうセリフから始まるのです。その翌日からは全員で〇〇ちゃんを無視するのですよ。私はその〇〇ちゃんに何度もなったし、誰かが〇〇ちゃんになった時、その標的の子を無視せざるを得ませんでした。

 

ある日学校へ行くと、誰も口を聞いてくれないんですよ。小学生だったのでつらかったですよ。ほんとに誰も。。。された自分も辛かったけど、する側に回ったときも辛かったですよ。ああいうときって親にも言えないんですよね、今もそうでしょ、いじめられてもお父さんお母さんに言えないでしょ。

 

それが1年ほど続いたとき、私の中に何かが生まれ「こいつをこのまま放っていくわけにはいかない」と思い、ボスと取っ組み合いのケンカをしました。それ以来、そのクラスではボスはいじめをしなくなりましたが、中学に入ってからはまたボスに戻ったそうです。中学ではボスとは同じクラスにもなりませんでしたし、部活も違ったので、関わりは持たなくなりました。今思えば、しょうもない話ではありますが人を無視するということは極めて悪質だと思いますし、その傷は今もまだあるような気がするときがあります。

 

去年、同級生の集まりにボスが参加することになってしまい、「もう絶対会いたくない」と思っていましたが、実際に会ってみると、気のいいお母さんになっていて、今も仲良くしている別の同級生は「昔はアカンかったけど今はすごくいいヤツ」と言っていました。でも私はボスがどれだけいいヤツになっていたとしても、今さらまた連絡を取り合ったり、また会いたいとは思えませんでした。いじめられていた側同士の友人とは今も仲良くしているのですが、今となってはけっこう笑い話にもなるので、それはそれでよしかな。

 

もし今、そういうことで悩んでいる学生がいるとしたら、今は毎日顔を合わせなきゃならないし辛いかもしれないけれど、そんな人との繋がりは一生続かないし、大人になれば友達というのは自分で選べるんだということですね。自分が気を使いすぎないと付き合えない人とは続かないし、逆も続かないんですよね。自分が好きな人、自分を好きでいてくれる人とずっと繋がっていくんですよね。

 

てなことを思い出した、義母と娘のブルース第3話でした。