自由に書いていいですか?

30代後半おひとりさまの雑記帳

パニック障害との付き合い方⑤~読んでよかった本~

 

こうして自分でも公開しているのにも関わらず、ネットで病気のことを検索すると情報がありすぎて混乱しましたし、昔から本を読むのは好きですので、パニック障害に関する本も何冊か読みました。たいがいの本は、はじめのページから半分くらいまでは症状のことが細かく書かれてありましたので、読んでいるだけで具合が悪くなる時もありました。ですから、もしいま症状が苦しくて悩んでいる人はそういった類の本は読まないほうがいいと思います。自分には出ない症状まで書かれてあるのを読んでしまうと、『そういうこともあるのか』などと余計な不安を招くことになります。

 

症状が軽くなってきて、自分がその病気だと受け入れて、「もうとことん付き合ってやるぜ」と思えたときに読んだらいいなと思ったのはこの本です。

 

これはイラストつきで堅苦しくない文章で綴ってあり、未来が明るくなるような気持ちにさせてくれます。ぶっさいくなキャラクターが載っているのですが、私は電車などが嫌だなと思うときはこのブッサイクを思い出して、そいつを無人島へおいて放って帰るイメージをします。そうするとラクになったりします。そういう本です。私はこの本を読んで気持ちの持ち方も変わりましたし、もし不意に不安が押し寄せてきても落ち着いていられるようになりました。

f:id:chigulynn:20181021145941j:image

これを読んでから数年経っているので、今はもっといい本が出ているかもしれませんが、この本も含めて自分に合った本を読んでみるのもいいかと思います。

 

『発作』が起こるとたいていの人は慌ててしまいます。そりゃそうよ、いきなり不安がおしよせてきて動悸がとまらないのだから。『このまま死んでしまうのではないか』という莫大な不安が襲ってきます。でも死なないんです。だって私、元気に生きてるもの。発作で絶対死なないし、どうもならない。ただ心臓がちょっとバクバクしているだけ、30分ほどでおさまるんです。そう分かっていて受け入れていれば怖くないんですが、なんせ突然ですので落ち着いてなんていられませんよね。深呼吸なんてできやしないし、気を紛らわすなんてとうてい無理なのです。でも、「大丈夫、すぐによくなる、今がピークなだけで、すぐにおさまっていく」と暗示にかけるというと怪しくてイヤですが、そう思うことで少しずつおさまってきます。まぁ結局、そう思えなくても発作は必ずおさまるのですが・・・。