自由に書いていいですか?

30代後半おひとりさまの雑記帳

パニック障害との付き合い方③~鍼灸院~

こんな記事にスターをつけてくださってありがとうございます。励みになります。このシリーズ⑧まで続きます・・・。お時間のあるときにおつきあいいただければ嬉しいです。

f:id:chigulynn:20180723212310j:image

 

叔母さんの言うことはだいたい正しいと思っているので、薦められてすぐに予約の電話を入れました。ですが、そのころ自分で出かけられるといえば、せいぜい毎日の通勤ぐらいでしたので、実家からその鍼灸院までは電車でも車でも1時間はかかる場所にあり、とうてい自分ひとりでは行くことのできない場所でしたので、父親に車で連れて行ってもらいました。

 

鍼灸院へ着くと、おじさん先生がしっかりと時間をとって話を聞いてくださいました。その鍼灸院は体の不調だけではなく、鬱や不眠症などの心の病気も鍼灸で治せると断言している医院でしたので、話をしているうちにどんどん落ち着いていきました。どこでもかしこでも不安になってしまうやっかいな病気ですので、一番はしっこのベッドにしてくださったり、女性のスタッフが常に様子を見に来てくれて、体も心もつらすぎた私にとって、その配慮に涙が出そうになりました。

 

今もそうですが、私は肩をはじめ体が凝り固まっていて、腰痛持ちでもありましたし、足もパンパンにむくんでおりました。そういうところからケアしていただきました。やはり人間は気が滞っていると、凝り固まって体調不良を起こしてしまうのです。ですから夏でも、体というものは冷えちゃいけないんです。今はデスクワークの方も多いとは思いますが、つい何時間も座りっぱなしで休憩を怠ると、体はすぐに固まってしまいます。私も当時は休憩など挟まずに作業をしておりましたが、今は意識して1時間に1度はデスクから離れて体を動かすようにしています。これはほんとにあなどれないと思っています。

 

鍼灸の治療は約1時間です。整骨院としての保険はききますが、鍼灸としては保険適用外ですので、だいたい4,000円ぐらいの治療代がかかりました。でも一度の治療で体は非常に温まり、それまでは冷えきっていたのだなと実感しました。不調になって長期間我慢してきたし、先生から見た私の体の様子はそこそこひどかったようなので、できれば週に1度、治療に来てくださいと言われました

 

何度か治療を受けているうちに、自分で車で行けるようになってきました。どこへでも自分で行けるようになってきたというわけではなく、とりあえず鍼灸院には行けるようになってきたという状況でした。決められた場所には行けるけれど、じゃあ遊びに行こうっていう風になるわけじゃなかったです。

 

そのうち、電車でも行けるようになってきました。はじめは『この路線ならいける』とかそういうのもあったかと思います。なんかこう、自分の中で苦手な場所とかが生まれてきてしまうんですよね。橋の上とか、高架とか。。。そうこうしているうちに電車で行った帰りに、一人でランチをして帰ることができるようになりました。

 

はじめのころを思うと、ほんとに体もラクで、乗れる電車が増えてきました。